エンタメ エンタメ

【衣装からいい匂い……!?】『JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo』記者会見レポート☆

2021.12.27

JO1過去最大の展覧会「JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo」が12月25日(土)〜1月25日(火)の期間にて東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)で開催! オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」からこれまでを振り返るヒストリーパネルや、アートなJO1が楽しめる撮りおろし作品、JO1とJAM(JO1のファンの名称)で作りあげる参加型の展示などなど、さまざまなJO1が楽しめる今回の展覧会♪

その展覧会の開催前に行われた会見レポートをたっぷりとお届けします☆

(写真左から)佐藤さとう景瑚けいごさん、與那城よなしろしょうさん、木全きまた翔也しょうやさん、川西かわにし拓実たくみさん、川尻かわしりれんさん、白岩しろいわ瑠姫るきさん、大平おおひら祥生しょうせいさん、豆原まめはら一成いっせいさん、鶴房つるぼう汐恩しおんさん、河野こうの純喜じゅんきさん ※金城きんじょう碧海すかいさんはお休みです。

 

ー展覧会で見てほしいと思うところをお一人ずつ教えてください。

川西 そうですね。JO1のこう歴史というか、そういうのもここで振り返れて。そこがやっぱり、先ほど僕たちも見させていただいたんですけども、感動してしまいましたね。皆さんも感動していただけると嬉しいです。

川尻 見ていただくとわかると思うんですけど、パズルのピースのイメージがふんだんに盛り込まれているようなデザインになっています。僕ら一人一人もピースで大きな作品を作っているようなイメージなんですけど、ここに来てくれたファンの皆さん、JAMの皆さんもそのピースの一つになって、なんかいい空間というかいい時間を作っていけたらなと思うので、みんなが一つになって楽しんでいただけたらなと思ってます。

白岩 僕たちの軌跡というか、デビューから今に至るまでの思い出だったりとかたくさん描かれてましたし、動画だったりとか今まで着ていた衣装だったりっていうのもあったんですけど、特にJAMアートという、僕たちをJAMの皆さんがイラストで描いてくれたものはなんか本当僕たちと一緒にパズルを完成させていっている感じがして、皆さんと一緒に作った展覧会になったことが本当に嬉しいなと思いました。まあ(会場の)どの辺だったかはちょっと言えないですけど(笑)、(会場を)進んでいっていただけら見つかると思うので、ぜひ注目してください。

大平 みんなが言った通り、JO1の今までの軌跡を見て辿れるんですけど、あの衣装とか別で、MVとかの小道具とかもよく見たら置いてたりするので、よーく見て楽しんでください!

豆原 今回のこのGallery AaMoは、僕たちのことを最近知った方でも楽しめる内容になっていると思いますし、ずっと前からファンの方も楽しめる、本当にJO1のことがたくさん詰まったものなので、そこを見て欲しいなというのと、あとかっこいいJO1もかわいいJO1もいっぱいいるので、楽しんでいただけたらなという風に思います!

佐藤 ま、僕だけを見てくれれば……(笑)。僕の顔をいっぱい見ていただけたら嬉しいなと思います。まあ、ついでにみんなも見てください! よろしくお願いします!

メンバー おい(笑)(笑)

與那城 JAMの皆さんからもらった絵とか、そういうものもあったので、それがたくさんのイラストであったりとか、中にはなんか写真のようで写真じゃない、めちゃくちゃリアルな僕たちを描いてくれてるJAMの皆さんからの絵が、それが僕はすごいなと思って。ああいう風に絵を上手く描きたいです、はい(笑)。そこも楽しんで見ていただけたらと思います!

木全 よろしくお願いします。えっと、本当に僕たちの思い出や歴史が詰まっている、あの素敵なイベントだと思うのですが、僕の個人的なオススメのところは、すごい高画質な写真が置いてあって、本当にまつ毛とか、目の粘膜とか、髪の毛とか、眉毛の毛とかすごいはっきり写っているので、そこをぜひ注目して見てください。

河野 11人の等身大…等身大なのかな? あの~、11人が本当に着ていた衣装を飾っていて、ちょっとそれがすごいいい匂いでした。(メンバーから笑い)嗅がしていただきました! あれ、僕の、洗ってません! そのまま飾らせていただきました! 

メンバー すごい、すごい!(笑いながら拍手)

河野 今日イチの拍手をいただきました。ありがとうございました(笑)。

鶴房 皆さんが言っていただいたことはもちろん、僕の一番オススメポイントがございます。さっき僕らが一度見学をさせていただいたんですけど、僕らの触れた指紋、足跡、そちらすごいですよ~。残ってます。いっぱい触れてるので、そちらを探していただいて、隠れミッキーのような感じでやっていただければと思います(笑)。

 

ー先ほどJO1観覧車を白岩さん、体験されたと思うんですけども、そちらの感想をいただけますと幸いです。(この展覧会の会期中、東京ドームシティアトラクションズの観覧車ビッグ・オーもJO1仕様に♪

白岩 先ほど乗らせていただいたんですけど、まず、あの僕小さい頃からすごく観覧車とか好きでよく乗ってたんですけど、まずその乗り物というかアトラクションに自分がラッピングされていたりとか、今自分が活動しているグループ全員がラッピングされていて、本当、待っている時に「あっ、(大平)祥生だ!」とか「あ、(川尻)蓮くんだ!」っていうのがあって。実際乗るときはランダムというか、本当に運だと思うんで、「あっ、今日は豆(豆原一成)!」とか。

メンバー えっ、ハズレは?

白岩 いや、ハズレはない(笑)! 全員当たりなんだけど(笑)! 乗る前からラッピングがすごくて、そこでまずテンション上がって。で乗った後も、ARっていって、皆さん多分渡されると思うんですけど。携帯に僕たちのセリフだったりとか、僕たちがうつって一緒に写真を撮れたりとか、そういう機能もあって、それを東京ドームだったりとか東京の景色を見ながら、写真を撮れたりとかセリフを聞けるっていうのがめちゃめちゃよくて。特にめっちゃ面白いなと思ったのが、観覧車に乗った直後に聞きたいメンバーと頂上付近で聞きたいメンバーというのが分かれていて、それを選択できるんですよ。セリフが。頂上付近はこの方!みたいな風に選べるんですけど、それがまたゲーム感覚で面白かったです。

メンバー 誰を選んだの?!

白岩 僕は、(佐藤)景瑚、豆(豆原一成)、自分とあと(河野)純喜かな。4人くらい聞きましたね。15分しかないので、11人だと結構急ぎなんですけど、僕は4人くらい聞いて。なんか全員、キャラクターに合ったというか、豆だったらすごい初々しい青春みたいな、純喜だったら観覧車でもテンション上げてこうって言ってまして。なんか本当にキャラクターそれぞれみんなおもしろいなと、楽しめるんじゃないかと思います。めちゃめちゃ本当に、1回じゃ足んないくらい楽しかったです!

 

ー5thシングル『WANDERING』でオリコン週間シングルランキング5作連続1位、さらにはBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100″でも同様に5作連続1位を獲得されました。売り上げも50万枚を超え、ハーフミリオンを達成したお気持ちをお聞かせください。

白岩 度々すみません。まずは、素直にとても光栄なことだなというか、本当に純粋にめちゃめちゃ嬉しくて。いろんなところでも皆さんにありがとうございますという言葉を伝えたんですけど、本当にそれじゃ足りないくらい、もっともっと感謝したりとかそれを伝えられる場所が来年とか増やせていけたらなと思いますし、これをもっと超えられるように僕たちも頑張っていきたいなっていう気持ちになったので、これからもよろしくお願いします、本当に素直に嬉しいです、という気持ちですね。

川尻 本当にありがとうございます。本当にJAMの皆さんがいてくれたからこその数字というかありがたいものなので、JAMのみんなにJO1さすがだなって思ってもらえるくらい、これからもかっこいい11人になるので、これからも応援のほどよろしくお願いします。本当にありがとうございます。

大平 大平祥生です、よろしくお願いします。そうですね、まずは本当に感謝の気持ちでいっぱいです。JAMの皆さんがいないと僕たちはシングルをこんなに毎回出せないと思いますし、それに毎回1位をいただけて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。またこうやってJAMの皆さんから最高のプレゼントをいただいたので、さらにパフォーマンスで返せるように頑張っていきたいです。ありがとうございます! 以上です。

豆原 本当に素晴らしい1位という……本当にありがとうございます。まさか自分たちがこうやって5作連続1位を獲り続けることができるなんていうのは本当に当たり前じゃないと思いますし、その度にもっともっと頑張らないとなっていうのをいつも思っているので、5thシングル、そして次がもっといいものを作れるように、頑張っていきたいなと思います。ありがとうございます!

與那城 こうやって5作連続ということで、本当にJAMの皆さんに僕たちは常々支えられているなという風に思っております。ここからどんどんライブができるようになったらもっともっとJAMの皆さんに恩返しをしていくということができると思うので、一歩ずつJAMの皆さんにいろんなものを、そして新しいJO1をこれからも見せていけたらと思っていますね。本当に感謝でしかないです。本当にありがとうございます。

 

ー今年も残りわずかとなりましたが、2021年を漢字一文字で表すとしたら何になりますでしょうか。

佐藤 そうですね……。僕あんまり漢字がわかんないんです。

メンバー (笑)

佐藤 漢字……漢字は、えー……そうですね、えっとあれです、「麺」!! 書けないけど! 食べる方の麺! 今年なんかあの、麺食べることが多かったです。個人的に! 今年は本当に麺を食べることがすごい多かったなって思います。……ありがとうございましたっ!

メンバー え〜〜〜(笑)

木全 じゃあ僕真面目に…。走ると書いて「走(そう)」! 走りましたね、皆さんで。本当にダッシュしました。今年は本当にありがたいことに、いろんな仕事をして、ライブもできて、明日(12月25日)もね、みんなでクリスマスのライブでして。本当に充実した1年というか。来年はもっと走りたいですね。ありがとうございます!

河野 迷ってるんすよね……。あの2つ迷ってて、果実の「実」か…、

メンバー 拓実の「実」や! (ここで川西さんピース✌️)

河野 そう、それでいくわ! 良さそうやし! 「実」!! まだまだなんですけど、僕たち今年は何と言ってもライブをやらせていただいて、本当に念願だった有観客ライブを実現することができて、大好きなJAMの皆さんと会うことができて……ジャムって果実からできてるじゃないですか…。

メンバー (笑)(笑)

河野 まあ、何かを実らせれるように今年も走ってきたし、来年もあのたくさんたくさん実り続けるJO1であり続けたいなと思います。ありがとうございました!!

鶴房 漢字ですよね。はい、えっと、「一」です! あの今年入って、3rd、4th、5thとありがたいことに全部オリコンチャート1位を獲らせていただいた「一」でもありますし、そのJAMの皆さんに会えた一回目ということで「一」でもあります。次、「二」目指して頑張りましょう。以上です。

川西 来年でもいいんですか?
(司会から、ちょっと先取りで……お願いいたします!と促され)

川西 (来年の)漢字は「木」なんですけど。木って、誰かから何かをされなくても自ら栄養を蓄えてグングンと大きくなっていくじゃないですか。だから自分たちも、誰かの支えとかもあって、それもあるんですけど、もっとこう自分たちの力をこう発揮して大きくして、もっとJO1というグループを大きくしていきたいです。

 

『JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo』でJO1の歴史をじっくり辿って、愛をもっと深める冬にしちゃおう♡

 

『JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo』

【期間】2021年12月25日(土)〜2022年1月25日(火)
  ※開催期間中無休 ※全日整理券番号・日時指定制 ※12月30日(木)〜1月3日(月)は土日祝と同様

【時間】平日 13:00〜20:00/土日祝 11:00〜19:00 ※入場は各入場枠終了の20分前まで

【会場】東京ドームシティ Gallery AaMo(東京都文京区後楽1-3-61)

【料金】一般入場券¥1300(税込) 前売・当日共通/大人・子ども共通
  ※会場でのチケット販売はありません。プレイガイドのみでの販売です。
チケットの詳細はこちら!

 

©️LAPONE ENTERTAINMENT